お困りごと対応現場より

ドアガードが簡単に掛かってしまい 入室出来ない部屋になってませんか?

(2015年 11月 10日)

 先日、入居者の方から「玄関ドアを閉めたらドアガードが掛かってしまって中に入れない」「強風の影響で玄関ドアが勢いよく閉まりドアガードが掛かってしまった」といったご連絡がありました。
 ドアガードは通常室内から玄関ドアを閉めた状態で防犯性を高める為に使用するものです。しかし、チェーンタイプのものではなく、フックタイプのものの中には経年の使用により劣化して動きが軽くなってしまい、少々の衝撃で勝手に掛かってしまう状態になってしまっているものがあります。
 このようなご連絡が入った場合、外から開錠するようになりますが、状況によっては開錠に時間がかかってしまったり、ドアガードを破壊しなければならなかったり、玄関側からはどうにもならずベランダ側の窓を壊し室内に侵入しなければならないこともあります。
 逆に動きが軽くなってしまっているとドアガードをしていたにも関わらず、少々の衝撃で外れてしまい、意味を成さないといったこともございます。
 これからの季節は不審者や空き巣が増加する傾向にあります。一度ご入居中の部屋も含めて点検・修理してみては如何でしょうか。

取替修理費
一部屋およそ¥8,000前後(消費税別)
※マンションによって異なります

 ご入居者様に長期に渡り、快適な生活をご提供する為に対策をしてみては如何でしょうか?
 お見積りや対策等のご相談は日本エイジェント レスQセンター(☎089-921-1568)にて承りますので、お気軽にご相談下さい。
バックナンバー
カテゴリー

 

日本エイジェントってどんな会社? NIHONAGENT 私達にお任せ下さい 我社の商品は決して不動産ではありません。「お客様感動満足」という住まいサービスです。
  • スタッフ紹介
  • 日本エイジェント紹介

勝ち組大家さんへの道

  • まるごと管理システム
  • 勝ち組大家さんが成功している8つの理由
  • オーナーインタビュー

日本エイジェントはココが違う

  • 賃貸経営 コンサルティング
  • 10の 空室対策
  • 入居者 募集活動
  • お困りごと対応 家賃集金・督促
  • 建物管理 定期点検