お困りごと対応現場より

2014年4月の「お困りごとNo.1」は?

(2015年 4月 10日)

 日本エイジェント「レスQセンター」へのお困りごと通報は、その内容から対応状況まで全てをデータ入力し、履歴として残しています。
 今回の記事を書くにあたり、昨年4月に最も多かったお困り事は何か…調べてみました。

 2014年4月に最も多かった「お困りごと」
 …それは【水漏れ】でした。

 実はこの集計結果は、日々お困りごとに対応している我々にもちょっと驚きの結果でした。
 毎年このシーズンになると、新生活に慣れないことから「鍵を失くした」とか「メールBOXのダイヤル番号を忘れた」などの連絡や「ゴミの問題」「入居したお部屋の細かな傷など建具に関する相談」などの対応が多いというイメージでした。

今回発覚した内容を考察すると…
 「数年住まれた若しくは空いていたお部屋のパッキンが経年により硬化し、冬から春先にかけて寒暖差が起こる事でひび割れたり、溶け出すなどしているのではないか?」ということ。
 それが原因で水漏れが発生していると考えられます。

 洗濯水栓については、蛇口先端の変形により取り付けても水が漏れたり、単身者向けに多い屋外の洗濯水栓の場合は特に、外気や日焼けによるパッキンの劣化が進むことから水漏れしやすい環境と言えます。
 単純に水漏れとは言っても上水道の水漏れの場合、入居者の水道料金に関わることが懸念され、早期に解決する事が望まれます。

 オーナー様の所有物件は、大丈夫でしょうか?
 長期入居もしくは長期空室後の入居については、水まわりの水漏れについてもチェックされることをオススメいたします。

 水回り調査のご相談・お見積りも、日本エイジェント レスQセンター(☎089-921-1568)にて承りますので、お気軽にご連絡下さい。
バックナンバー
カテゴリー

 

日本エイジェントってどんな会社? NIHONAGENT 私達にお任せ下さい 我社の商品は決して不動産ではありません。「お客様感動満足」という住まいサービスです。
  • スタッフ紹介
  • 日本エイジェント紹介

勝ち組大家さんへの道

  • まるごと管理システム
  • 勝ち組大家さんが成功している8つの理由
  • オーナーインタビュー

日本エイジェントはココが違う

  • 賃貸経営 コンサルティング
  • 10の 空室対策
  • 入居者 募集活動
  • お困りごと対応 家賃集金・督促
  • 建物管理 定期点検