大家さんの知恵袋

繁忙期前にチェックしておきたい!入居者獲得のための、3つの勝負POINT

(2012年 1月 9日)

お客様が部屋探しを始めてから入居するまでには、様々な選択ポイントがあります。この重要な選択ポイントをクリアしていかなければ、大家さんの物件を選択するどころか、内見されることさえなく他の競合物件に入居してしまいます。まずは、お客様がお部屋を決めるまでのポイントを理解して、入居者獲得レースに勝つための対策について見ていきましょう。

■入居者獲得のための3つの勝負ポイント

1.WEB(インターネット)
入居者獲得のための、最初の勝負ポイントはWEBです。入居予定のお客様のほとんどが、ポータルサイトや各不動産会社のホームページを見るなど、WEBからお部屋さがしをスタートします。ご自身の物件がWEB上でどのように表現されているのかチェックし、まずはWEB上でお客様に選ばれるように工夫していきましょう。

まず第一に、外観はもちろん内観写真の掲載があるものについては、できるだけ写真を準備して掲載するようにします。写真がないとその時点で選考対象から外れてしまいます。次に、入居希望者が絶対必要とする設備・人気の設備が導入できているかのチェックを行います。全国賃貸住宅新聞によると、入居希望者が部屋探しの際に「絶対条件」と考える設備は次の通りです。

【単身者向け物件】
第一位 TVモニター付きインターホン
第二位 独立洗面台
第三位 洗浄機能付き便座

【ファミリー向け物件】
第一位 洗浄機能付き便座
第二位 追い炊き機能
第三位 独立洗面台

これらの設備がない物件については、WEB検索の段階でかなりの確率でふるい落とされている可能性があります。入居者ニーズを把握して、原状回復の際に設備を追加していくなど、「入居者に選ばれる物件」を意識した部屋作りが必要です。

2.店舗への来店時
WEBで気になる部屋を見つけた入居希望者は、次に不動産会社の店舗に来店します。「この物件が見たいのですが・・・」と来店されるお客様。お客様が提示する物件に、社員がオススメする物件をいくつかプラスして現地案内に行くのが一般的です。

最終的にどの部屋にするかを決めるのはお客様ですが、ここで不動産会社の担当社員のオススメ物件に選ばれることも重要です。不動産会社からの提案を部屋作りに反映したり、また入居促進キャンペーン企画などがあれば、それに参加しておくなど、不動産会社との日頃からの情報交換やコミュニケーションも大切な要素です。また、一般的に不動産会社は自社の管理物件から紹介していくということを覚えておくといいでしょう。

3.お部屋の内見時
そして、最後に重要なポイントが、入居希望者の「お部屋の内見時」です。スポーツで言うところの「決勝戦」ですね。入居者からの問合せも多く、人気があるのになぜか決まらない物件・・・。そのような物件は、「共用部が汚い」「自転車置き場が整理されていない」など、WEBでは映っていない物件の環境や状態が悪いという共通点があります。せっかく「お部屋選びの決勝戦」まで勝ち残ったのに、本当にもったいない話ですね。
内見したお客様が気持ちよく「ここに住みたい!」と思ってもらえるように、日頃から室内はもちろん、通路やゴミ置き場、自転車置き場などの共用部分も綺麗にしておきましょう。

バックナンバー
カテゴリー

 

日本エイジェントってどんな会社? NIHONAGENT 私達にお任せ下さい 我社の商品は決して不動産ではありません。「お客様感動満足」という住まいサービスです。
  • スタッフ紹介
  • 日本エイジェント紹介

勝ち組大家さんへの道

  • まるごと管理システム
  • 勝ち組大家さんが成功している8つの理由
  • オーナーインタビュー

日本エイジェントはココが違う

  • 賃貸経営 コンサルティング
  • 10の 空室対策
  • 入居者 募集活動
  • お困りごと対応 家賃集金・督促
  • 建物管理 定期点検