大家さんの知恵袋

雑草退治は空室退治!除草の話。

(2016年 8月 4日)

 暑いですね。ついついクーラーが効いた部屋の中でゴロゴロしたくなりますが、対照的に外で元気旺盛なのが雑草です。
 今回は物件敷地内の除草についてお話をして参りましょう。

 そもそも、除草は貸主・借主どちらの責務なのでしょうか。
 国交省の原状回復ガイドラインには、庭付き一戸建ての賃貸に関しては借主が庭の除草を行うべき、といった内容の記述がされています。しかしながら、貸主には貸している物を通常通り使える状態に保つ義務があり、その結果として、敷地内の除草は基本的に貸主の責務ということになります。

 費用の負担はできる限り免れたいものですが、たかが雑草と甘く見て、ほったらかしにしては様々な問題を引き起こします。敷地内の雑草がボーボーだと、

  ・見た目が非常に悪い・・・・・・入居希望者の内見時に悪影響。
  ・害虫、害獣の発生・・・・・・・・解約率増大。入居者への健康被害などの恐れも。                
  ・ゴミの不法投棄を誘発・・・・茂みをかき分けるとゴミだらけ。ゴミがゴミを呼ぶ悪循環。
  ・セキュリティ上の問題・・・・・死角を生み、不法侵入・泥棒の標的に。
  ・建物・設備へのダメージ・・・湿気の発生。ツル、ツタなどによる外壁への被害。
  ・施設利用への影響・・・・・・・自転車が置けない、通行の邪魔といったクレームが多発。

 特にリーシング面、入居満足度の面では多大な影響があります。多くの解約を誘発し、その空室を埋めようとしても全く決まらないという状況に陥るのです。
 雑草退治は空室退治の一部と心得えるべきでしょう。

 クレーム発生時には迅速な対応が求められますが、夏場は業者が大変込み合い、すぐには動いてくれません。シーズンに入ってから依頼をかけても、対応してもらえるのは9〜10月になってしまうことさえあります。ですので、予め対策を施しておくことや、定期的に対策を行うことが肝要です。

 一番効果的なのは、敷地に防草シートを敷き詰め、さらに上から砂利などを撒くことでしょうか。
 シート敷設前には完全に除草し、平らに整地しておきます。除草シートは高品質なものを選んだ上、十分な重ね幅を取りながら確実に固定します。砂利の厚みは最低3〜5p位欲しいところです。施工単価はu当り5千円〜8千円程度になりますので、それなりに費用は掛かりますが、しっかり施工を行えば20年以上持つ場合もあるようです。

 砂利だけ先に敷いてしまった、或いは費用面からシートを敷くのは難しい、といった場合には、定期的な除草剤の使用が有効です。除草剤は大きく2つに分けることができ、1つは液体の即効タイプ、もう1つは顆粒の持続タイプとなります。シーズン到来とともに、まずは即効タイプで雑草を枯らし、1ヶ月位の間をあけて持続タイプを散布すれば、雑草の生えにくい敷地をキープすることができます。費用も1回当り2、3万といったところでしょう。

 ファミリータイプやペット可物件などでは除草剤の使用が難しい場合があります。
 近隣から除草剤の使用停止を求められることもあるでしょう。こうした場合、防草シートの施工がされていなければ、地道に草むしりしかありませんが、除去の容易さや業者の確保などを考えれば、5、6月といったシーズンの少し前に、定期的に除草してしまうよう、予め計画を立てておく必要があります。シルバー人材センターなどを利用すると、比較的安価に行ってもらえます。


 最終手段として、自ら草むしりにいそしむということも考えられなくはありません。イベントを兼ねて入居者を巻き込んで一緒に行うというのも面白そうです。キンキンに冷やしたスイカを振る舞い、草むしり終了後はバーベキュー大会を開催し、皆でビールを酌み交わすというのはいかがでしょうか。コミュニティの輪が広がり、より良い環境づくりに一役買ってくれるかもしれません。
 ただし、熱中症にはくれぐれもご注意下さいね。



バックナンバー
カテゴリー

 

日本エイジェントってどんな会社? NIHONAGENT 私達にお任せ下さい 我社の商品は決して不動産ではありません。「お客様感動満足」という住まいサービスです。
  • スタッフ紹介
  • 日本エイジェント紹介

勝ち組大家さんへの道

  • まるごと管理システム
  • 勝ち組大家さんが成功している8つの理由
  • オーナーインタビュー

日本エイジェントはココが違う

  • 賃貸経営 コンサルティング
  • 10の 空室対策
  • 入居者 募集活動
  • お困りごと対応 家賃集金・督促
  • 建物管理 定期点検