大家さんの知恵袋

繁忙期だからこそしっかりとやるべき!「入居前チェック」は入居者満足の第一歩

(2012年 3月 9日)

3月は一般的に入退去が一番増える時期です。
また、退去前に次の入居者が決まっていることも多く、退去から入居までの時間が短いというのもこの時期の特徴です。
退去後の部屋作りが慌しいこの時期だからこそ、しっかりとチェックしておくべきポイントについてご紹介しましょう。

■お客様満足は、「入居前チェック」から!
入居前チェックとは、「給水がきちんと出来ているか」「水栓からの漏水はないか」など、水周りを中心に、これから入居されるお客様が部屋を使用するにあたって不備がないかを確認するための大切な作業です。日本エイジェントの管理物件では、最終の清掃・リフォーム完了後、お客様が入居されるまでに必ず一度「入居前チェック」を行います。
以下にチェックポイントの一部をご紹介します。

●建具の開閉はスムーズか?
●給水がきちんと出来ているか?
●排水はスムーズに流れるか?
●配水管に詰まりはないか?
●排水溝にゴミや髪の毛などが詰まってないか?
●エアコンは正常に機能しているか?
●清掃はきちんとできているか?   など

最近では、洗濯機のほとんどが全自動洗濯機ですので、蛇口は常に開けっ放しで一定の水圧がかかっています。普通に水を出すだけでは問題がなかったのに、入居後に洗濯機を設置していざ水圧がかかると蛇口の給水部分から水が漏れるというケースもありますので、入居前チェック時には一定の水圧を掛けて確認するようにしています。
また、退去時に完璧な清掃・リフォームをしていたとしても、入居までの間に小さな虫の死骸や埃などが溜まってしまっていたり、更に入居までの時間が空いてしまうと、木部である建具が微妙に歪みを生じ、動きが悪くなったり、水廻りのパッキンが劣化して漏水したり、トイレや排水管から悪臭がしてきたりと色々不具合が起こってくるものです。
 
この繁忙期、多くのお客様が新たな生活の拠点として住居を求められます。
立地条件に恵まれた物件、設備が整った物件、広い物件、築浅の新しい物件。どんなに理想的で素晴らしい物件でも、入居直後に不具合があるようでは、不満に変わります。
大家さんにとって、入居が決まればそれでOKというわけではありません。これから少しでも長く入居し、家賃を納めていただくためにも、しっかりと清掃・リフォームができた部屋で引き渡せるように、入居前チェックをすることをオススメします。
たくさんの物件の中から、大家さんの物件を選び、新しい部屋での生活に期待して入居される方のためにも、気持ちよい状態で新生活をスタートしていただきましょう。

バックナンバー
カテゴリー

 

日本エイジェントってどんな会社? NIHONAGENT 私達にお任せ下さい 我社の商品は決して不動産ではありません。「お客様感動満足」という住まいサービスです。
  • スタッフ紹介
  • 日本エイジェント紹介

勝ち組大家さんへの道

  • まるごと管理システム
  • 勝ち組大家さんが成功している8つの理由
  • オーナーインタビュー

日本エイジェントはココが違う

  • 賃貸経営 コンサルティング
  • 10の 空室対策
  • 入居者 募集活動
  • お困りごと対応 家賃集金・督促
  • 建物管理 定期点検